【Sony zv-1 の画角が狭い問題を解決します!!】ULANZIのレンズWL-1で広角撮影の方法

こんにちは。おやぷんです。

このブログでも何度か褒めちぎっている僕の愛用コンデジでもあるVlogのために開発されたカメラ「Sony zv-1 」ですが、1つ弱点があるんです。

それは、手ブレ補正機能を効かせると、画角がとても狭くなってしまうという事。

ただでさえ元々そんなに広くない画角が、更に狭くなるのは自撮りを必須とするVlogerやYouTuberにとって痛いところですよね。

かといって、手ブレ補正をOFFにして使うとカメラを動かすたびに、映像ガタガタ揺れてしまいます。

おやぷん
そんなzv-1の画角をなんとかしたい人向けに、広角化する方法をご紹介したいと思います!

それでは早速見ていきましょう。

目次

Sony zv-1 専用の広角レンズを装着

残念ながらSonyからは2020年現時点で、zv-1用の純正広角レンズは販売されていませんでした。

ですが実はSony zv-1専用に作られた広角レンズが、「ULANZI 」から販売されています。

ULANZIは三脚マウントやセルカ(自撮り)棒、マイクやライトなど様々なカメラのアクセサリーを販売しているメーカーです。高品質で価格が安く、大変人気なブランドになります。

そんなULANZIが今回、Sony zv-1専用に作った広角レンズがこちら「WL-1」です。

これをzv-1に装着する事で、広角ワイド撮影が出来る様になります。

装着方法は至って簡単です。

↓こちらに参考画像を用意しました。こんな感じでとっても簡単にぴったりとハマります!

流石はULANZI社製品。サードパーティ系のブランドの中でも1番好きです。品質もいいし言う事なし!

楽天市場では販売されてなかったので、Amazonのリンクを↓こちらに載せておきますね。


Ulanzi ZV-1広角レンズ

まとめ

如何でしたでしょうか。

このようにサードパーティー製のアクセサリーをうまく活用する事で、zv-1 の画角が狭い問題は解決されました。

自撮り時に腕を思いっきり伸ばしたりしなくても、手ブレ補正を効かせて広角撮影をする事が出来ます。

WL-1を装着したことによって、zv-1の画角は広角化され、やはり最高のVlogCamとなりました。

皆さんも是非試してみて下さい。

 

おしまい(^^)

↓Sony zv-1 の購入はこちらから

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人工知能・AIの開発をメインに、
会社経営(アプリ開発,美容室,飲食店)をしてます。
普段は妻と愛猫とのんびり暮らしてます。
カメラ好きのガジェットオタクです。
趣味は、vlog、部屋のDIY、韓国語学習。

コメント

コメントする

目次
閉じる