理想の睡眠時間の目安とは? 何時間睡眠が人間の体に最適なのか?【5〜6時間?】いいえ【7〜8時間がベスト】

 

こんにちは。おやぷんです。

今回は大人の人間に最適な睡眠時間について書いていきたいと思います。

  

先に結論から言いますと、成人した大人に最適な睡眠時間は、7〜8時間の間です。これが最強です。

 

これを下回っても超えても人体には良くありません。

 

  • この記事でわかる事
  • 適切な睡眠時間を取るとどのようなメリットがあるのか?
  • 睡眠時間が不適切だとどのようなデメリットがあるのか?
  • 不眠症の解消方法

 

この記事では、そんな内容を深掘りしていきます。

それでは早速見ていきましょう。

目次

適切な睡眠時間を取る事のメリット

7時間〜8時間の適切な睡眠時間を平均してとる人には、人体や精神に様々なメリットがあります。

メリット① 精神が安定してストレスが軽減

睡眠を十分にとることによって、不安感やストレスが減ることが研究で明らかになっています。

メリット② 疲労回復機能の向上

適切な睡眠時間を取る事で、身体の疲労の回復を実感できます。寝不足でも寝すぎても疲労は溜まってしまいます。

メリット③ 脳機能の向上

適切な睡眠時間を取る事で、記憶力や集中力が向上し、ビジネスや学習などでより良いパフォーマンスを発揮する事が出来ます。

メリット④ 太りにくい体になる

十分な睡眠時間をとることで、代謝を良くし栄養の吸収や回復時間を効率的にする事が出来ます。 また、筋肉もつきやすくなり痩せやすい身体に近づきます。

メリット⑤ 死亡リスクの低下

平均して7時間〜8時間睡眠を取っている人は、そうじゃない人と比べ、長生き出来る事が研究結果で明らかになっています。 健康被害のリスクも低下するので総じて寿命が伸びるのです。

睡眠時間が5時間,6時間など少ない人(寝不足)に現れるデメリット

睡眠不足が続くと、人間の体や精神にとって様々なデメリットがあります。

デメリット① 免疫力が衰える

十分な睡眠が取れていない人は、人体の免疫システムが生産できる抗体やサイトカインの量が制限され、感染症を撃退するための身体能力は低下し、感染症にかかるリスクが増大します。また風邪もひきやすくなり、治すのにも時間を要するようになります。

デメリット② 記憶力,認知力,集中力の低下

睡眠時間の不足は、集中力低下の原因になります。 また、認知機能も鈍るため情報を新しく記憶したり、思い出したりする能力が衰え、仕事などで人為的なミス、業務パフォーマンスやコミュニケーションの質の低下などを招いてしまいます。

睡眠時間が9時間,10時間など取りすぎ(寝すぎ)てしまう人に現れるデメリット

睡眠時間の取りすぎにも要注意です。

寝すぎは人体に様々なデメリットをあたえてしまいます。

デメリット① 早期死亡率が上がる

なんと睡眠を取りすぎると早期死亡率が上がるという恐ろしい研究結果が発表されています。 つまり寿命が縮まるという事です。 平均10時間寝る人は、平均7時間の人と比べて早期死亡率が30%高いことがわかっています。 寝すぎて時間を消費し、更には寿命まで短くなったのでは堪ったもんじゃありません。 寝過ぎてしまってる人は要注意です。

デメリット② 健康被害のリスク向上

平均10時間寝る人は7時間睡眠の人に比べ、脳卒中での死亡率が56%高まり、循環器系疾患での死亡率が49%高まることも報告されています。その他にも、糖尿病になりやすくなったり鬱病になりやすくなったり、心臓発作と心血管疾患のリスクが高まったりするなど、長時間睡眠によって死亡する確率が高くなることが明らかになっています。

デメリット③ 脳機能の低下

平均睡眠時間が9時間,10時間の人は、7時間睡眠の人に比べ、脳の機能が悪いことが研究で明らかになっています。

寝付きが悪い人は枕を変えてみる! オススメ安眠枕AYO枕レビュー!

睡眠が大事とわかっていても、夜布団に入ってからなかなか夜寝付けない人睡眠不足の人も多いのではないでしょうか?

実は僕も過去にそういった不眠症に悩んでいました。

ベッドに入って横にはなっているけど、考え事などが原因ですっかり目が冴えてしまって眠れない。 眠くなる音楽やBGMなど色々な対処法を試してはみましたが、全く効かず生活リズムはズタズタ。

そんな日々が続いていましたが、とある枕に買い替えたらビックリするくらい気持ち良く眠れるようになりました。 安眠出来るととても評判の良い枕です。

それでは僕のおすすめの枕を紹介します。それは話題のAYOの枕です。これに替えてから毎日気持ち良く眠りにつく事が出来るようになりました。 1年近く使い続けていますが、使い心地は最高に良好です。

寝つきが悪い人、イビキや寝相が悪い人、偏頭痛や肩こりに悩んでいる人には、是非試して頂きたい枕です!

まとめ【7時間半睡眠が最強です】

如何でしたでしょうか。

様々な研究結果から、平均して7時間〜8時間以内の睡眠時間を確保する事が人間の身体,精神にとって健康的である事が分かっています。

適切な睡眠時間を確保する事が、どれだけ人間にとってメリットだらけであるかがお分かり頂けたかと思います。

忙しい現代人にとって、この睡眠時間を確保する事は難しいかもしれませんが、是非自分の身体を大切にして適切な睡眠時間の確保を心がけてみては如何でしょうか? きっと人生にとって、大きなプラスのメリットをもたらす事でしょう。

健康と命“を大切に。

おしまい(^^)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人工知能・AIの開発をメインに、
会社経営(アプリ開発,美容室,飲食店)をしてます。
普段は妻と愛猫とのんびり暮らしてます。
カメラ好きのガジェットオタクです。
趣味は、vlog、部屋のDIY、韓国語学習。

コメント

コメントする

目次
閉じる