飲食店を起業する前に準備しておくべき事! 失敗しないために大切な開業前の話

f:id:forssense:20201012040413j:plain

こんにちは。

おやぷんです。

これから飲食店を起業したい方は大勢いらっしゃるかと思いますが、開業前の準備って何をしたらいいのか、最低限学んでおくべき事、など解説していこうと思います。

私も現在、会社の事業として飲食店経営もしています。

経営していく中で、失敗や後悔,反省が沢山ありました。

最初の1店舗目は本当にきつくて、何度も店が廃業の危機に陥った事もありましたが、なんとか乗り越え現在では全店黒字で、会社の年商も30億円までくる事が出来ました。

この経験を元にこれから開業したい方、今経営が行き詰まっている方、他店舗展開をしたい方に向けて記事を3本立てで書いていこうと思います。

皆様が少しでも成功しやすくなりますように。

私が犯したような失敗を回避出来ますように。

そう願っております。

コロナ不況に負けず皆で頑張っていきましょう!

 

飲食店を起業する前に準備しておくべき事! 失敗しないための大切な話①

Contents                            

  •   ・ まず最初にすべき事!
  •   ・ 物件探しのコツと選び方!
  •   ・ 物件を探しながらすべき事!
  •   ・ 飲食店コンサルトは使うな!
  •   ・ メニュー表などの作り方
  •   ・ まとめ
①まず最初にすべき事

まず最初にすべき事としては、

お店を開店し、経営していくために最も必要な

思考(考え方) を学びましょう。

取り敢えずこの本は最低限読んでおくと良いと思います。

僕も数回読みましたが、
これから飲食店を始める方にはとてもためになると思います。
開業前に読む事をおすすめします。
余裕があれば、これなんかも読んで頭に入れておくといいです。
失敗しないためにもこれは超大切です。
いきなり動き始めちゃう人が沢山いますが大体お店を潰してしまいます。
これが飲食業の高廃業率に繋がります。
大金を失わないためにも、少額で知識とノウハウを学べる本を読む事は大事な第一歩です。
②物件探しのコツと選び方

次に物件探しです。

ここで行き詰まってしまったり、慌てて悪い物件を契約してしまったりするパターンすごく多いので気を付けましょう。

大事なのは探し方です。

街の不動産に出向いて。。。なんていうのは効率悪すぎるし取り扱い物件数も少なすぎるので辞めましょう。

まずネットで居抜き物件を扱っている業者から造作有りの物件を選びましょう。

おすすめの業者は3社。

・テンポイノベーション

・テンポスマート

・飲食店.COM

掲載物件数が多く、毎日更新されるのでこまめにチェックした方がいいです。

出店エリアは1駅とかに絞りすぎると見つからないのである程度の範囲で探しましょう。

居抜き物件を借りて、出来るだけローコストでの開業を目指してください。

1店舗目からお金を掛けるのは良くないです。

内装業者もリフォーム業者など安い所にしましょう。

デザイン力は落ちますが、儲かってからまた改装すれば良いのです。

僕は最初にお金を掛けすぎて死ぬ程後悔しました。

今は新規事業を始める時は必ず低コストのスモールスタートを徹底しています。

なんでもスモールスタートが大切です。

軌道に乗ってからお金を掛けていきましょう。

その頃にはお金を掛けるポイントも判断できるようになっていますからね。

③物件が決まったらすべき事

物件を探している間にも、やる事は沢山あります。

・屋号(店名)

・お店のストーリー

・お店のコンセプト

・客単価

・メニュー構成

・カテゴリー毎の目玉商品

・店内イメージ

・ファサードイメージ

をしっかり決めていきましょう。

手抜きは禁物です。

お店のストーリーは、

なぜ?このお店を作ったのか?明確にシンプルに決めるといいでしょう。

お店のコンセプトは、

キャッチフレーズのような感じでインパクトを与えられるように工夫しましょう。

例としては、

丸亀製麺さんの『ここのうどんは生きている』というキャッチコピーです。

これは、”手作りの麺をその場で食べてもらう”

というコンセプトを言い方を変えて表現する事で、よりインパクトを持たせています。

これはとても効果的ですので、しっかり考えていきましょう。

メニュー構成は、多くなりすぎないように出来るだけシンプルにまとめるように心がけて下さい。

メニューは後からでも追加できますから。

最初から幅を広げすぎて開店してからオペレーションがてんやわんやになって失敗するお店を何軒も見てきました。

シンプルでいいんです。選択と集中です。

そのシンプルなメニューにお店の強みを最大限に生かして下さい。

ここでお店のコンセプトに合う看板メニューも決めておくといいでしょう。

④飲食店コンサルトは使うな

この業界には開業支援,プロデュースなどを謳っている “飲食店コンサルト” という人たちが存在します。

メニューの作成や店舗デザインなどを一緒に進めてくれたりしますが、これは使わない方がいいです。

私も5年飲食店経営をしていく中で、飲食店コンサルトを以下の4社使いましたが、まずとても高額です。

開業サポートなどのサービスは使わない方が良いでしょう。

・飲食店繁盛会

・コロンブスの卵

・ゼネラルフード事業スタジオ

・飲食店コンサルタント河野祐治

僕は過去に以上の4社のサービスを利用しましたが、高額なので1店舗目を始める時にはオススメ出来ません。

2店舗、3店舗と多店舗展開をするようになってから導入するならアリかなと思います。

新規開業の方には先程、上で紹介した本を読む方が100倍為になるし、100倍安いです。

先程も言いましたが、最初は出来るだけコストを掛けずにスタートする事が大事です。

資金があれば最初上手くいかなくても軌道修正や建て直しができますから。

 

⑤メニュー表などの作り方

メニュー表やお店のロゴをイラストレーターなどを使って自作出来るならそれでもいいのですが、

出来ない場合は、デザイン会社や飲食店コンサルタントを使うのではなく、

“ココナラ”というサイトで外注しましょう。

個人が作ってくれるのでデザイン会社より安く作成できます。

実際にデザイン会社で働いている方が副業でやってたりするので、ハイクオリティな物も低価格で作れちゃいます。

↓「ココナラ」のリンク貼っておきます。





メニュー表は、一回作って完成という事はありません。

頻繁に変えたり修正したりする事があります。

その度に作り直し易いように出来るだけ安く作成しましょう。

また、メニューブックも差し替え,変更,をし易い物を選びましょう。

おすすめはこのメニューブックです。


【送料無料】NEW メニューブック A4対応 10ページ(5枚10面) 中綴じ PRO-MA4-10【お品書き】【テーピング】【業務用】【あす楽】【メール便】

うちの店でも実際に使ってますが、安くて丈夫で万能です。

汚れても直ぐに買い替え出来るのでいいです。

⑥まとめ

取り敢えず今回は、開業前に最低限やっておく事をまとめました。

また続きで有益な情報を公開していくので参考にして頂けたら幸いです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人工知能・AIの開発をメインに、
会社経営(アプリ開発,美容室,飲食店)をしてます。
普段は妻と愛猫とのんびり暮らしてます。
カメラ好きのガジェットオタクです。
趣味は、vlog、部屋のDIY、韓国語学習。

コメント

コメントする

目次
閉じる