プログラミングとは何か? 何から学習したらいいのか? 【AIエンジニアの僕が簡単に分かりやすく解説】

こんにちは。おやぷんです。

2020年から小学校でもプログラミング教育が必修化され、IT知識への関心がますます高まっています。

まず、「プログラミングとはそもそも何か?」

皆さんは、子供にどう説明しますか?

なんとな〜く理解はしているけれど、説明出来ない人も多いかと思います。

悩む人
・プログラミングってそもそも何?

・何をどうやって学んだらいいの?

・学習の手順は?

おやぷん
い、きなりなんという質問攻めなんだ。。。

こんな疑問に、AIエンジニアの僕が分かりやすく解説していきたいと思います。

子供に説明する時にも役立つかと思いますので、是非読んでいって下さい(^^)

 

  • この記事でわかること
  • プログラミングの意味
  • プログラミング言語について
  • プログラミングで何が出来るのか
  • プログラミングを始めるのに必要なもの
  • プログラミングの学習方法

 

それでは見ていきましょう。

目次

プログラミングとはどういう意味か?

プログラミングとは簡単に言うと、コンピューターに実装して欲しい事を、指示出しとして記述していくこと(コードを書く)を言います。

コンピューターは用意されたプログラム内容を読み取り、指示された通りの処理を実行します。 このようにプログラムを構築することを、プログラミングと呼ぶのです。

プログラミング言語とは何か?

プログラミングでコンピューターに指示を出しを記述する時に使う言語をプログラミング言語と呼びます。

我々人間が普段使っている言語ではコンピューターは理解する事が出来ません。コンピュータには機械語(マシン語)と呼ばれる言語で命令を出し、処理を実行させなければなりません。

機械語とはコンピュータのマイクロプロセッサが直接解釈・実行できる命令コードの体系です。0と1を延々と並べたビット列として表された情報で、人間が解釈するには非常に難しいです。

しかしコンピューターに指示出しをするには、コンピュータがわかる形で命令しなければいけません。

そこで開発されたのがプログラミング言語です。

プログラミング言語とは、人間にも解釈できる文法で記述しつつ、機械語に翻訳できる言語なのです。

このプログラミング言語を使ってコンピューターに指示を記述し、プログラムを実装する事がプログラミングを行う目的です。

プログラミング言語の種類

プログラミング言語は複数存在しています。

プログラミング言語は次々と新しいものが開発されており、比較的マイナーな言語も含めると、プログラミング言語の種類は200以上あると言われています。

 

なぜそれほど多くのプログラミング言語が存在するのでしょうか?

それは、用途に応じて必要な言語が異なるからです。複雑化する需要に合わせてより効率的に実装するために、それぞれ独自の文法に改良されてきたのです。

 

プログラミング言語は大別すると、以下の2種類に分けられます。

  • フロントエンド言語
  • サーバーサイド言語

フロントエンド言語

フロントエンドとは、主にユーザーが見ている画面の表示やデザイン。ユーザーとのやりとりにおける情報をサーバーに送る役割を担っています。

フロントエンド言語による例として、次のようなものが挙げられます。

HTML (エイティーエムエル)

HTMLは、ウェブページ全体を構成するための言語です。HTMLによってコンテンツの文章や画像、メニューの配置などをプログラムします。Webページを作るための最も基本的なマークアップ言語です。普段、私たちがブラウザで観ているWebページのほとんどが、HTMLで作られています。勿論、当サイトもHTMLを利用して作られています。

CSS (シーエスエス)

CSSは、ウェブページのデザインをするための言語で、スタイルシートとも呼ばれます。CSS言語はHTMLによって作られたウェブページの色やサイズ、レイアウトなどにデザインを施し、見栄えを整える役割を担っています。例えば、このWordPressサイトでもCSSカスタマイズを利用しています。

JavaScript (ジャバスクリプト)

JavaScriptは、ウェブページに動的な仕組みを組み込むための言語です。主にWebブラウザ上において、画面の遷移無しでUIに動きをつける事が出来ます。これにより、インターネットが普及した初期のWeb画面と比べて、表現や操作に圧倒的な自由度が生まれました。例えば、アニメーションやポップアップウィンドウの表示、Googleマップの表示など、JavaScriptを活用するとWebサイトで複雑な動きを実現できます。

サーバーサイド言語

サーバーサイドとは、サーバーでプログラムの実行・管理し、フロントエンドからの指示に従って適切な情報を返す役割を担っています。

サーバーサイド言語の例として、次のようなものが挙げられます。

PHP (ピーエイチピー)

PHPは、HTMLによって作られたファイルの中に直接埋め込むことで動的にウェブページを表示する事できる言語です。他のプログラミング言語と比較して仕様や文法が簡単なため習得しやすいと言われています。例えば、FacebookやWikipedia、ぐるなび などもPHPを利用して作られています。

Python (パイソン)

Pythonは、シンプルな構文で実装できるのが特徴の言語で、アプリケーションや機械学習など幅広いシステムを実装できる言語です。近年AI,人工知能の開発において需要の高い言語です。

Ruby (ルビー)

Rubyは、日本人の「まつもとひろゆき(通称Matz)」氏によって日本で開発されました。複雑な処理をシンプル表記や文法ルールが特徴で、直感的にプログラムで実装できる柔軟な言語です。特にウェブアプリケーションの開発によく利用され、Twitterやグノシー、クックパッドや食べログなどはRubyを利用して開発されています。

プログラミングで「できること」は何か?【具体例】

プログラミングによって出来る事は、多岐にわたります。

具体例を挙げますと以下のような事が、全てプログラミングによって実現出来ます。

  • Webサイトの作成
  • Webアプリ開発
  • スマホアプリ開発
  • ゲームの開発
  • 仮想通貨の開発,発行
  • 業務システム構築
  • AIロボットの開発
  • 人工知識の開発

勿論、他にも様々な事をする事が出来ます。

そして、その中身を紐解いていくと、いずれもプログラミング言語によってコンピューターへの命令が記述されており、その指示内容に従ってコンピュータが処理を実行しています。

それぞれのプログラミングの仕組みは単純ですが、応用次第であらゆる事ができる可能性を秘めています。

プログラミングというと特別感があるかもしれませんが、既に私達の生活の至るところでプログラミングされた物やサービスが溢れています。 テレビのリモコンや家電、街の街頭や電車の運行スケジュール、発電所の電力管理に年金の管理システムも全てプログラミングされたものです。

プログラミングを始めるための環境構築【パソコン選び:Mac or Windows】

プログラミングを始めるにあたって、最低限必要なものはPCとインターネット環境です。

PCの準備

パソコンは、お金に余裕があるなら「MacBookPro13インチ」がおすすめです。

理由は世の中のエンジニアはマックユーザーが多いからです。何か困った時もググれば情報が山ほど出てくるので解決しやすいです。

ハイスペックで、オシャレでかっこいいのでモチベーションも上がります。

↓MacBook Pro 13inch の購入はこちらから出来ます

 

ただ金銭的に余裕がないのであれば低価格なWindowsパソコンでも全然大丈夫です。

ただ使っていくと必ず性能を求めるようになりますので、ある程度のスペックはあった方が良いと思います。

安いWindowsPCなら「ASUS VivoBook」がおすすめです。

↓ASUS VivoBook の購入はこちらから出来ます

比較的に安いしスペックもなかなか高いのでバランスのとれたモデルでおすすめです。

 

インターネット回線の準備

インターネット回線については、ポケットWi-Fiや置き型Wi-Fiではなく光回線をおすすめします。

理由は、通信速度が高速で、基本的に速度制限などのストレスを受けることなく安定しているからです。

光回線なら断然「NURO光」がおすすめです。

  • おすすめポイント
  • 下り最大2Gbpsの超高速回線を実現。
  • 高速無線LANや、セキュリティサービスを標準搭載しているので用意する必要がない。
  • プロバイダ料金だけでなく、回線使用料も全て込みで4,743円で利用できる。
  • 月額基本料金割引適用で、初期工事費が実質無料。
  • 面倒な接続設定は不要。簡単な操作ですぐにインターネットが使える。

↓「NURO光」のお申し込みはこちら(このリンクからお申し込みでキャッシュバックキャンペーン有り)

超高速インターネット回線NURO光!

  

どうしても外出や出張でのPC利用が多く、出先でネット回線を必要としている人には、「クイックWi-Fi」の大容量ポケットWi-Fiが高速でオススメです。

  • おすすめポイント
  • 3日制限などの速度制限を受ける心配が無く、大容量の100GBなので快適に利用できる
  • 世界135の国や地域でそのまま利用することができる
  • 工事不要・届いたその日にすぐ使える。
  • ずっと料金が一律なのでお得で安心。

↓クイックWi-Fiのお申し込みはこちら

クイックWi-Fiならずーっと100GB月額3250円!

プログラミング学習は何から始めたらいい? おすすめ勉強方法【独学+オンラインスクールがおすすめ】

プログラミング学習をはじめるにあたって、独学しつつ、余裕があればプログラミングスクールを受講するという方法がおすすめです。

まずは最初に、HTMLやCSSなどのWEB系の言語の基礎から学習していくと良いと思います。

Web制作の勉強の第一歩として、HTML/CSSがあります。全てのWebサイトのベースとなる知識ですので、これを学習しないと何も始まりません。

教科書的な役割として、↓こちらの本が読みやすく内容も充実しているので、独学で学習をはじめる方は読みながら勉強を進めると良いと思います。

 

最近はプログラミングスクールも増えており、どこを基準に選んだら良いのか迷うと思います。なかには、粗悪なスクールもあるのでご注意下さい。

僕的には、最初の基礎ベースを身につけるならTechAcademyがおすすめです。

理由はオンライン教育なので、わざわざ教室に行く時間と手間が省けて効率がいいから。そして、TechAcademyは業界でも信頼の出来る実績がある優良スクールだからです。

TechAcademyでは1週間の無料体験があるので、これを使ってプログラミングの基礎を学ぶのもありですね。無料なので利用しない手はないと思います。

↓からTechAcademy1週間無料体験に申し込み出来ます

TECHACADEMY はじめてのAIコース 1週間無料体験講習のお申し込みはこちら

 

独学と合わせてスクールを受講する最大のメリットは、わからない事や、ググっても解決出来ない事は専属の講師に質問出来るので挫折率がグッと下がり、学習がはかどる事です。

学習を途中で諦めてしまう人の多くの原因は「挫折」ですので。

まとめ

如何でしたでしょうか。

プログラミングとはコンピューターへの指示出し。

コンピューターが実行出来る事は、年々増えていき可能性は無限大です。

ワクワクせずにはいられません。

 

おしまい(^^)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人工知能・AIの開発をメインに、
会社経営(アプリ開発,美容室,飲食店)をしてます。
普段は妻と愛猫とのんびり暮らしてます。
カメラ好きのガジェットオタクです。
趣味は、vlog、部屋のDIY、韓国語学習。

コメント

コメントする

目次
閉じる